Don’t stop your

この休暇と云へば、あの厭な書物と鞭と先生との束縛から解放の時である。彼等が胸を躍らして思ひ描いてゐるのは、家族の人々、さては飼猫や飼犬と顏をあはせる時のことであり、自分達のポケット一杯に詰込んである贈物で小さな妹たちを喜ばせることであつた。併し何よりも待遠しく思つて會ひたがつてゐるのはバンタムであつたらしい。バンタムと云ふのは小馬のことと知れたが、少年たちの話合つてゐるところでは、その優れた性質は名馬ブーシファラス以來どんな馬も及ばないのであつた。あのトロットの具合、あの走る姿、それから例の跳躍ぶり――全國どこの生籬だつてバンタムに飛越せないところはないのだ。

 良平(りょうへい)はある雑誌社に校正の朱筆(しゅふで)を握っている。しかしそれは本意ではない。彼は少しの暇さえあれば、翻訳(ほんやく)のマルクスを耽読(たんどく)している。あるいは太い指の先に一本のバットを楽しみながら、薄暗いロシアを夢みている。百合(ゆり)の話もそう云う時にふと彼の心を掠(かす)めた、切れ切れな思い出の一片(いっぺん)に過ぎない。

 今年七歳(しちさい)の良平は生まれた家の台所に早い午飯(ひるめし)を掻(か)きこんでいた。すると隣の金三(きんぞう)が汗ばんだ顔を光らせながら、何か大事件でも起ったようにいきなり流し元へ飛びこんで来た。
「今ね、良ちゃん。今ね、二本芽(にほんめ)の百合(ゆり)を見つけて来たぜ。」
 金三は二本芽を表わすために、上を向いた鼻の先へ両手の人さし指を揃(そろ)えて見せた。
「二本芽のね?」
 良平は思わず目を見張った。一つの根から芽の二本出た、その二本芽の百合と云うやつは容易に見つからない物だったのである。
「ああ、うんと太い二本芽のね、ちんぼ芽のね、赤芽のね、……」

あたりで一番の舊家を代表する人ではあり、また百姓たちの大部分は父の小作人なので、非常な尊敬を受けて、普通にはただ『地主樣』の名前で通つてゐます。これはもう大昔から當家の家長につけられてゐる稱號です。わたしの老父についてこれだけのことを申しておけば、これであなたも、父の變哲ぶりに喫驚なさらないで濟むでせう、でないと莫迦莫迦しく見えないとも限りませんからね。」
 わたし達はやや暫くの間莊園の垣に沿うて進んで行つたが、つひに馬車は門口の所に來て停つた。それは重々しく、宏壯古風な樣式で、鐡の閂を備へ、上部は奇想を凝した華やかな唐草と花模樣で飾られてゐた。門扉を支へる巨大な角柱は頂上に一家の紋章をめぐらしてあつた。門に接しては番人の家があつたが、鬱蒼たる樅の樹蔭に隱れ、殆ど植込の中に埋つてゐた。

  

LINK

<カラコン>
日本製のカラコンについていろいろと書かれています。▼
日本製カラコン ワンデー
ワンデーはある?どんなカラコンが安全?など。


<脱毛>
自宅で脱毛するおすすめの方法について書かれています。▼
ジェイエステティック
脱毛器なら何がおすすめなのか?など。